blog_top.gif

2006年11月01日

10・31国会前集会報告

061031-01.jpg 10月31日には、毎週火曜日定例の国会前集会をやりました。今回は、400名の参加で成功しました!
 30日から、国会での質疑がはじまってから初めての国会前集会です。社民党の保坂展人さんや社民党の辻元清美さん、日本共産党の吉井英勝さん、そして特別委員会を傍聴した方たちから特別委員会の様子が伝えられ、与党はこの期に及んでも、まともな議論をせずにとにかく採決に持ち込もうとしていることがわかり、参加者は危機感を強めました。(保坂さんは、「どこどこ日記」で国会の様子を報告されています。)
 発言者の多くは、今にわかに騒がれている「いじめ問題」「履修不足問題」は、教員を理由のない陰湿な処分で「いじめる」ような教育の国家統制や、学校間格差拡大の政策にあると口をそろえていました。また、昼に1万2千人以上が参加した「障害者自立支援法」(という名前にもかかわらず、この法律のために、障害者が働く場所を奪われている)の廃止を求める集会の参加者からも発言をいただき、今の格差拡大政策は弱者には生きる権利すら与えないものだということが伝えられ、安倍政権への怒りを新たにしました。
061031-18.jpg おどろきなのは、野党が「教育再生会議」のメンバーの出席を要求しても、それに与党が応じていないことです。教育基本法「改正」審議の裏では、わたしたちに見えないところで、改悪後の教育政策がつくられているのでしょう。安倍政権は、ウソにウソを重ねて、人々をだまし、教育基本法を改悪しようとしています。
 明日も審議は続きます。与党は11月10日にも、衆議院での採決に持っていこうという構えのようです。審議が進めば、教育基本法改悪の問題点はさらに明らかになっていくし、ウソもどんどんばれていきます。一日でも審議を延ばすことができれば、教育基本法改悪法案を廃案への展望が開けてきます。ここが踏ん張りどころです。次の国会前集会は、特別委員会の採決阻止をかけた集会になります。なんとか1000人以上集まりたいですね。【いしだ】


<追記>
呼びかけ人の大内裕和さんから集会へのメッセージをいただきました。
教育基本法の改悪をとめよう!10・31国会前集会へのメッセージ

                                大内裕和

 10・31国会前集会に参加されている皆さん!「教育基本法の改悪をとめよう!全国連絡会」呼びかけ人の大内裕和です。
 衆議院の「教育基本法に関する特別委員会」での本格審議が始まりました。私はすでに「2006/10/29教育基本法改悪阻止へ向けての呼びかけ」をメールなどで流しましたが、特別委員会委員への要請を毎日、徹底して行いましょう。
 また私は10月29日(日)の『毎日新聞』朝刊に「教育基本法「改正」ー格差社会助長するおそれ」という文章を書きました。
教育基本法の改悪が現在大問題となっている格差社会をさらに拡大・固定化することはまだまだ知られていません。皆さんの全国各地での運動で、そのことをぜひとも強く訴えていってください。昨日から新聞・テレビなどでの教育基本法についての報道が激増しています。ここがチャンスです。ぜひとも声を上げましょう。
 今週から来週にかけて一日一日が正念場です。教育基本法改悪阻止へ向けてともに頑張りましょう!
posted by あんころ at 00:53 | Comment(1) | TrackBack(1) | 国会前から
この記事へのコメント
自民党の凶悪さは 

もう冗談ではすまされない

これは 国民主権の破壊だ!
Posted by 新党を欲する人 at 2006年11月01日 06:27
この記事へのトラックバック

教育基本法「改正」と格差社会。
Excerpt:  こんばんは。毎日新聞の2006年10月29日朝刊の4面に、大内裕和(おおうち・ひろかず)氏による「21世紀を読む 教育基本法改正 格差社会助長するおそれ」と題する論説が掲載されています。今回は、この..
Weblog: 右近の日々是好日。
Tracked: 2006-11-01 20:20

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。