blog_top.gif

2006年11月08日

マスコミ報道への疑問

 あんころチームのいしだです。
 コメントでも寄せられていますが、昨日(7日)の朝日新聞は一面トップで「教育基本法案 来週 衆院可決へ 今国会成立強まる」と報じています。
 しかし、僕は、臨時国会開会後は足繁く国会前に通い、この4週間ほどは平日はほぼ毎日行くようになっていますが、そこで知った国会情勢の変化は、この見出しとは全く逆なものです。そこにあまりのギャップを感じるので、僕が感じてきた情勢の変化について、すこし書いてみたいと思います。

1)臨時国会開会時の情勢
 9月26日に臨時国会が始まりました。
 正直言って、僕自身はこの時点で教育基本法の改悪がとめられる展望はまだ見えていませんでした。なんせ、昨年の衆議院選挙の結果、与党が3分の2以上を占めていて、しかも、通常国会で法案が作られるに当たって公明党もGOサインを出している状況です。さらに、自民党総裁選では、最もタカ派の安倍晋三氏が勝利していました。
 それでも、なんとか臨時国会での成立をとめるために力を尽くそうと、臨時国会開会日に国会前集会を行いました。その結果、こちらの予想を上回る750名が、強い風雨の中、全国から国会前に集まりました。また、9月21日には、東京地裁で「日の丸・君が代」の強制は、違憲違法との判決(難波判決)が出されました。この二つが臨時国会に向けた運動の展望を切りひらいていったと思います。

2)与党が共謀罪を一旦引っ込め、教育基本法案の審議を最優先に
 与党は、臨時国会開会当初、教育基本法改悪法案も共謀罪も、同時進行で進めようとしていました。
 しかし、急速に教育基本法改悪法案への批判が高まる中、ついに共謀罪を一旦脇において、教育基本法改悪法案の成立を最優先課題とするに至ります。(ここでもマスコミは共謀罪断念と報道しましたが、それも憶測にすぎず、与党は法務委員会で共謀罪の審議をねらい続けています。)

3)与党が補選で2勝するも、今に至るまで採決はできず。
 10月22日には、今後の国会運営を占う衆議院補欠選挙があり、与党が2勝しました。与党は、それを受けて25日には特別委員会での趣旨説明から教育基本法改悪法案の審議を開始しました。
 しかし、23日には北海道人事委員会での「日の丸・君が代」処分取り消し決定がなされたことが判明し、26日には日教組が非常事態宣言を発するなど、教育基本法改悪法案反対の動きも急速に強まりました。そして、内閣府の「やらせ」が発覚し、「いじめ」「未履修問題」の原因が文部科学行政にあるとの批判も高まり、政府・与党は当初は11月上旬にも採決する構えでしたが、それは断念するに至ります。
 そして現在、参議院での審議日程も加味すると、政府・与党のタイムリミットは迫ってきています。しかし、19日には野党5党の統一候補と与党候補が真っ正面からぶつかる沖縄県知事選を控えているため、与党も「強行採決はしない」(二階自民党国対委員長)と言わざるを得ない状態が作り出されているのです。
 

 こう追ってくると、国会内では圧倒的に優勢な与党が、全力でかかってきているにもかかわらず、世論の多数、とりわけ現場で生徒と向き合っている教員の反対が、教育基本法の改悪をここまでくいとめてきているということが見えてくるのではないでしょうか。
 であるならば、今の情勢を素直に新聞の見出しに表現するなら「岐路に立つ教育基本法案」とするぐらいが正しく、「今国会成立」というのは明らかなミスリードです。

 状況は厳しいのは確かです。しかし、マスコミには取り上げられない、わたしたち一人ひとりの声が、国政を大きく左右していることに自信を持っていいのではないかと思います。(ごく一部ですが、そういった全国の動きをあんころで紹介してきたつもりです。)そして、それが11・12全国集会で、目に見える形で示されれば、教育基本法改悪をとめることは可能ではないでしょうか。
posted by あんころ at 06:39 | Comment(9) | TrackBack(3) | あんころチームから
この記事へのコメント
私もまったく同じ意見です。
朝日は時々運動に冷水を掛ける、
記事を書くのですよ。
運動は確実に強まっています。
今国会での成立は絶対に阻止できる、
私はその確信を持っています。
Posted by ハンストのH at 2006年11月08日 12:12
いしださんに全く同感です。私は地方在住で中央の集会や国会前には行けませんが、世論が着実に動いていることを肌で感じています。

あんころの署名でも10日ほど前までは1日2〜3人から数人程度の増加だったのが、この3〜4日で二桁ずつ増えていますね。
昨日、友人から「最近、教育基本法について新聞でもたくさん報道されるようになってきて、あなたが前から言っていたことの重大さがやっと実感されるようになってきました」とメールをもらいました。

そのなかで朝日の報道は全くどうなっているのでしょう?前も自信たっぷり?に10日採決で衆院通過と書いて、見事にはずしてますよね。そんなに政府案を通したいのでしょうか???

あまりにも目にあまるので、朝日本社にクレーム電話を入れておきました。これから自民党の二階国対委員長あてに「採決反対」のファクスを送るつもりです。
fax 03-3502-5037(ちょっと古いデータです。合っていると思いますが万一違っていたら、どなたか訂正ください)
地元fax 0738-22-1001
Posted by まい at 2006年11月08日 14:39
同感です。
朝日新聞の報道姿勢は、実に卑劣きわまるものだと思っています。11月6日付け夕刊の一面トップに、評論家の立花隆氏のインタビュー記事が掲載されていますが、教育基本法の意義と特徴点についてきちんと指摘しています。教育基本法改悪案の問題点にもきちんと触れたものになっています。立花氏の主張はまったく真っ当なものです。それを読めば、政府提出の教育基本法「改正」案に疑問を少なくとも持つだろうと思います。
非常に腹立たしいのは、公聴会が強行され採決をめぐって情勢が緊迫しているこの時期に、このような記事が掲載されているということです。もう何年も前から教育基本法改悪が狙われているのに、事態の深刻さについてなんにも報道しないくせに、今頃になって多少は読むにたえるまともな議論を紙面に載せるとは! 
マスコミは事実を報道しないことで、政府の援護をしているのです。このかん。「日の丸」「君が代」をどれほどの先生が苦しめられてきたことでしょうか。98年の広島の高校の校長先生が自殺に追い込まれたことをマスコミの方々はどう思っているのでしょうか。「愛国心」なるものは、全世界で平和を求めて闘っている人にとっては、まったく敵対するものだと思っています。
教育基本法や共謀罪の問題などを一貫して取り上げているのは東京新聞くらいなものでしょうか。
われわれにとって必要なのは、マスコミがどうあれ、とにかく実力をもったありとあらゆる闘いを全国に巻き起こすことです。私も微力ながら、教育基本法改悪阻止にむけて闘います。全国の皆さん、ともに闘いぬきましょう。こどもたちは見ています。世界中の人たちも私たちの闘いに注目しているはずです。
Posted by てんてけてん at 2006年11月08日 18:53
ヒューマンチェーンは、成功したの?
失敗?
Posted by 新しい教育 at 2006年11月08日 19:18
ヒューマンチェインが 成功した

自民党は それにもかかわらず 徹底した 民主主義破壊の暴走

教育基本法は 思想良心の自由の砦

凶悪自民党を 徹底的にひきずりおろそう

たとえ この勝負に勝ったとしても 自民党の本性は 明らかになった

こんな危険きわまりない やくざどもは 絶対に見過ごしてはならない!
Posted by 新党を欲する人 at 2006年11月08日 19:58
たくさんのコメントどうもありがとうございました。

ヒューマンチェーンは、どんどん参加者がふくれあがり、最終的には2300人の参加で成功しました。

また、今日の朝刊では、「来週通過の見通し」と書いているところも多かったみたいですね。
ですが、福島みずほさんは、今日のヒューマンチェーンでも「野党は今国会では成立させない」という点で一致しているとおっしゃっていました。どうやら民主党の委員が「際限なく審議を続けることにはならない。ある程度のところで採決に応じる」といったことを、民主党が与党と妥協すると解釈しているようです。勝手な解釈を、あたかも客観的な判断であるかのように書くのはほんとに問題ですよね。それに、これだけ国会前でリレーハンストや座り込みをやっているのに、そこに話を聞きにくる記者はめったにいません。取材もきちんとやっていると思えません。
記事を書いた記者や編集者は、自分が国会の運営を決めているとカンチガイしているのかと疑いたくなります。
記者の方々には、きちんと現場を取材して正確で信頼できる報道を行うようお願いしたいです。
Posted by いしだ@あんころチーム at 2006年11月08日 22:13
こんにちわ!!
今まで「奈良人」という名前で書き込みしていたものです☆

昨日の名古屋での地方公聴会に行ってきましたが、今日中にその報告を載せます!

本当にこんなにも声が以前よりも多くあがっているのに、「今国会成立」だなんて…。

一日一日、強行採決をどんどん先延ばしにしていって、「今国会での成立は断念」と書かせましょうね!!!絶対!!!

Posted by じゅんり at 2006年11月09日 11:09
 昨日、今日マスコミは、いじめ自殺についのコメントとして、やっと教育基本法についての記事を載せています。(毎日は毛利甚八氏)これが、精一杯の良心ですか。履修不足(世界史・倫社・公民など今の世の中をしるのに必要なものなのに)イジメどちらも、明日を生きる子ども達が被害者です。これしか、改悪をとめるすべがないのだったら、子ども達にあまりにも申し訳がないと思います。抗議行動をきちんととりあげて報じてこそ子ども達への責任をはたすものです。恥ずかしくないのでしょうか。できることをやっていかなくてはと思っています。
Posted by くるみわりのケイト at 2006年11月10日 09:46
ネットサーフィン(古っ)を嗜んでいるとトンでもない情報を発見する
これは香川県で起こってた四国新聞社の事件

社員の「準強制わいせつ」は隠蔽か
http://www.shikoku-times.com/html/back_number/2006_09/index.html#t10

地元では朝日新聞ばりに人権擁護の痴呆紙なんですが
朝日新聞に負けてない腐敗ぶり
当然、四国新聞では報道されてません
マスゴミに反省する理性は期待できない
法的にマスゴミを規制すべきだと思います
Posted by とっしー at 2006年11月28日 18:18
この記事へのトラックバック

えらいことになってたんですね!!
Excerpt:  という声を,今週に入ってからもたくさんの方から聞きました。もちろん,教育基本法改定問題です。  大変なことが変わろうとしているのに,そのことすら知らなかった,今初めて知った というのです。こんな状態..
Weblog: 弁護士村上英樹のブログ
Tracked: 2006-11-08 13:43

<教育基本法>保守系超党派の日本会議など4団体が集会
Excerpt: あんころブログにいしださんが、報道への疑問を書いてくださっています。ここに紹介されている朝日新聞の報道では、民主党国対幹部の話として「採決に応じる」と出ていたので、国対委員長にお願いを送りました。 ..
Weblog: 内申書制度の廃止を求めます
Tracked: 2006-11-08 15:54

やらせ質問…地元紙の報道
Excerpt:  私はずっと、県内でやらせ質問を担ったのは県教委だと考えていたのですが、実際には
Weblog: 明日への風
Tracked: 2006-11-09 00:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。