blog_top.gif

2006年11月13日

【地方公聴会】北海道からの報告

あさこ@あんころチームです。

今日は大分と北海道で地方公聴会が開催されていますが、北海道から報告をいただいていますので、ご紹介します。

 衆議院「教育基本法特別委員会」は、10月30日から論議が再開され、11月6日まで連日審議を行いました。11月7日には理事会および与野党の筆頭理事間協議会が断続的に開催され、8日の地方公聴会(仙台・宇都宮・津・名古屋)、9日の参考人質疑、13日には2回目の地方公聴会を札幌と大分で開催することが急遽決定しました。このように政府側の当初の日程を大幅にずらさせていることは、野党共闘による院内のたたかいと全国連絡会をはじめとする政府法案の廃案にむけてとりくみをすすめている私たちのたたかいが相乗効果となって表れている証であると言えます。昨日の11・12全国集会をこれまでの最大規模(1万人集会と言っても決して遜色ない)・最高の内容で成功させることができたことは、多くの市民・教職員・労働者、とりわけ若い世代の方々への運動の浸透・拡大を物語っています。さらに、これまでほとんど黙殺をきめこんでいたマスコミ各社もこれらの世論の動きを無視できずに、「なぜいま改正なのか」という方向での報道をせざるを得なくなっています。あと、もう一歩です。さらなる運動の山場を私たちの手でつくっていきましょう!
 こうした中、本日札幌市で開催された「衆議院教育基本法に関する特別委員会地方公聴会」の様子について速報をお届けします。
北教組はこの公聴会が今後の国会審議において重要な意味をもつものとして、民主党北海道・平和議連・連合北海道・平和運動フォーラム・市民グループ等との連携を強化する中で、積極的に傍聴参加(合計20人)するとともに、公聴会にあわせて警察の妨害にもめげずに会場周辺での街頭宣伝行動にとりくみました。以下、公聴会の内容についてその概要を報告します。
   by 温泉博士

 「教育基本法に関する特別委員会地方公聴会」(第2班・北海道)

と き:2006年11月13日(月)13:00〜14:40
                ところ:札幌全日空ホテル
〒060-0003 北海道札幌市中央区北3条西1丁目

◎座長・挨拶     鈴木恒夫派遣委員団団長(自民)
           ―趣旨・注意事項・意見発表者の紹介など―
<陳述者の発言>
○ 西田 豊(自民推薦・札幌国際大学人文学部教授−元道教委幹部、その後札幌南高等学
校校長)陳述人の発言要旨
  ・ 有馬元文部大臣との対話の中で「教育の基本は家庭教育にある」と意見を述べた。その後、中教審答申に家庭教育が盛り込まれて驚いた。中教審答申レベルでなく法に明記されることの必要性を感じた。
  ・ 「我が国と郷土を愛する心」は人として大切なこと。国民の義務である。
・ 教員は崇高な使命を深く自覚することが重要である。人確法の廃止の動きもあるが、むしろ今以上に適切な待遇が必要であると考える。
○加藤義勝(公明推薦・元高校教諭)陳述人の発言要旨 
  ・ 制定から60年たち、社会も大きく変化している中、教育基本法を見直すことはきわめて重要と考える。
・ 慎重な論議を求める声もあがる。しかし現在、与党で3年間70回の審議、通常国会でも50時間審議しているので、拙速な議論とは言えない。
  ・ 目標の中に勤労を重んずる態度を入れることは大きな意味を。
  ・ 国を愛するという場合の「国」は統治機構を意味するものではないとのことなので、国家主義的要素を払拭できていると考える。
○岩本一郎(民主推薦・北星学園大学経済学部教授)陳述人の発言要旨
  ・ 現行法の理念は色あせておらず、改正は必要ない。
  ・ 個人を尊重する憲法と教育基本法は分かち難い存在である。
  ・ 教育の諸問題は教育基本法のせいではなく、それに反する政策こそが問題である。
  ・ 改正案は主客を転倒しており、個人を国家の道具とするものである。
●やまぎわ大志郎(自民)委員の質問
 Q1:政府案に現行法の「人格の完成」の理念は受け継がれていると思うか。
  岩:文言はあるが、憲法13条が前提になければ文言だけあってもそうとは言えない。
  加:文言がすばらしくても生かしていかねば。
  西:人格の完成という文言をそのままうけとめるべき。
 Q2:どうやったら教員の評価ができるのか。
  西:まず崇高な使命をもった人を採用してほしい。あとはがんばりや特色を評価する。

 Q3:個人尊重の理念は重要だが、偏りすぎてないか。
  岩:自由に責任は伴うが、権利に対する義務は国民でなく国家が負うもの。
    憲法13条の幸福追求は決して利己主義でない。
 Q4:教員にゆとりをもたせるには。
  加:保護者との対応が大変。親の教育が大切。

●牧 義夫(民主)委員の質問
  ※ 質問に先立ち、民主推薦の岩本陳述人の意見に触れ、「陳述人は民主推薦ではあるが、意見を聞いていると民主党案に対しても反対であるとお見受けした。民主党はヤラセはしないので反対の意見であってもうかがう姿勢をもっている」との内容の前置きをした。
Q1:民主案には目を通しているか。
  西:ざっとではあるが、目を通している。
  加:目を通していない
Q2:民主党案には義教制度を改悪して地方に押しつけるのではなく、財政論にも触れているが、政府案にはこれがない。このことについてどう考えるか。
  西:環境整備は大切。理念法にどこまで書くかが問題ではあるが、個人的にはもっと手厚くすべきと考えている。
 Q3:愛国心を条文に載せて態度を評価できるのか。
  加:他国を尊重すれば、国家主義にならない。
  西:政府案も民主案もよくできている。それぞれの表現の違い。帰属意識が大切であり、これはそもそも家庭教育につながることである。

●横山北斗(民主)委員の質問
 Q1:今日的な問題の解決に政府案はどういう優位性があるか。
  西:政府案、民主案とも相違はない。
 Q2:政府案のどこに我が国の大切さがあるのか。
  加:そこまでは検討していない。
 Q3:義務教育の無償化や私学助成についてはどうか。
  岩:憲法26条に無償化はすでに述べられている。それを実現するのが政治・国会議員の役割である。私学助成についても改めて理念を書き込むことではなく、国会で決めるべきである。

●西博義(公明)委員の質問
 Q1:家庭教育の現状分析と方針についての考えは。
  西:家庭問題は社会問題。子育ての前に親育てが必要である。
 Q2:教育委員会の位置づけについてどう考えるか。
  西:教育委員会と知事部局はいっしょにすべきでない。教育委員会は、その独自性を
保つべきである。政治的な力でかわるというのは教育はなじまない。
 Q3:勤労と教育が結びつかない理由
  加:昔は、仕事もしないでぶらぶらしている若者はいなかった。日本においては、親
が子離れができていないから、子どもを甘やかす。カナダでは、16歳で免許を取得
でき、校庭にも子どもたちの車が並んでいる。その維持費は夏休みなどアルバイト
でかせぐ。大学からは自分で行きない。と言うのが当たり前となっている。現職時
代には、お母さん方に子どもには真心こもった弁当を作りなさいと言っていた。親
の問題が大きい。
 Q4:学校、地域、家庭の連携はどうあるべきか。
  加:そもそも今の親は忙しい。そういう場合は、教師が家庭に出向くべきである(自
分はそうやっていた?)。

●石井郁子(日本共産)委員の質問

 Q1:いじめ問題について
  西:いじめはなくならないもの。受け取る側の心の問題である。おかあさんたちが家
庭教育に専念する。質のいい先生、困ったときにあたたかく包んでくれる先生が採
用されるべきである。そして、そう言った教員がきちんと評価されることが大切だ。
 Q2:未履修問題について
  加:なぜ、学校で起きてしまうのか。少子化で努力しなくてもそれなりの大学に進学できる。昔に比べて生徒の努力が足りないのでほとんどの学校でこのようなことはやっているのではないか。この問題で校長が生徒に対して謝っているが、生徒のためにやっているのになぜ子どもたちに謝るの理解できない。
Q3:現行法に比べて政府案の優位性とは。
  西:家庭との連携を密にしていける。崇高な使命を具現化する教員を採用しやる気の
ある教員を評価をする。
 Q4:法律に態度を養うことは法律になじむのか。
  岩:近代法・立憲主義は法律と道徳は分離するものと考えるのが常識。道徳・徳目を
法律の中に組み込むことはなじまない。さらに、政府案に列挙されている徳目は、
   国民のコンセンサスを得られていない。
 Q5:教育行政の役割は
  岩:現行の10条をきちんと実現すべき。誰の声を聞くかといえば、子どもの意見を
きちんと吸い上げる行政、教育が必要である。(他の意見陳述人の発言をとらえて)
   ジェンダーバイアスにかかわる問題が含まれていた。そもそも、そうだから学校は
自由にならないのだ。

◎鈴木団長挨拶―閉会―
(注) あくまでも概要ということでおさえてください(若干正確でないかもしれませんが、雰囲気だけでもつかんでいただければ)。現在、詳細の報告について作成中です。岩本陳述人の原稿が入手でき次第改めて報告します。
posted by あさこ at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(1) | 全国各地から
この記事へのコメント
この記事へのトラックバック

2007年参議院選挙 野党共闘 TBP参加ブログ募集!
Excerpt: 教育基本法の改正の賛成演説が、野党不在の中、自民公明の議員が読み上げ、国会内で一方的に進んでいます。 まさにやらせ国会の醍醐味を衆議院中継で見ています。国民の声(ネットの声含む)を全く聞かないまま、今..
Weblog: らんきーブログ
Tracked: 2006-11-15 18:23

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。