blog_top.gif

2006年11月19日

教育基本法改正に反対 北星女子中3生、首相に意見書

あんころチームのいしだです。
北海道で、中学生が首相に意見書を提出したところ、それを知った何者かから匿名での脅迫がなされたというニュースが入ってきていますので、ご紹介します。

■北星女子中3生、首相に意見書(北海道新聞)
http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20061117&j=0022&k=200611176471

■中学生の意見 匿名の大人が"批判"(札幌テレビ放送動画ニュース)
http://www.stv.ne.jp/news/streamingWM/item/20061117182019/index.html
(※しばらくすると見られなくなってしまうので、ご注意下さい)
posted by あんころ at 21:30 | Comment(8) | TrackBack(2) | 情勢
この記事へのコメント
北星女子のニュース、お知らせいただいてありがとうございます。
なんてひどいことでしょう!!

正々堂々と意見を表明した中学生に対して匿名の脅迫をするなんて、まともな大人ではありません。このような人々が支持する法律など、やはりおかしなものですよね。

また、このようなことがあれば掲載してください。勇気ある個人が、権力や不特定多数から攻撃されるようなことは、みんなの力で守らねば。そうしないと、ますます自由な発言が封鎖され、悪法がまかり通ることになります。


私たちが守ろうとしている子供たちが自ら行動してくれることは勇気をもらえる出来事ですね!
Posted by あっちゃん at 2006年11月19日 23:45
本当に腹立たしいです!
改悪案が通れば、このような言論弾圧に近い行動がもっともっと増えて、市民は次第に萎縮していくのではないかと、とても不安です。

就学前の子供を持っていて、いままでは小中高公立でいくことに迷いがありませんでしたが、この法案が通って現場の様子が変わってくるようなら、引っ越ししてでも少しでも自由な私学に通わせようかと真剣に悩んでいます(私学に対する締め付けもきびしくなるようですが)。

ともあれ、特に北海道の方、この子を守るための活動など立ち上げていただけないでしょうか? 道外の私も加わりたいです。
Posted by まい at 2006年11月20日 00:38
こういう報道をしてくれたメディアは応援したいですね。
「どさんこワイド180」のアドレスは→stv212@stv.ne.jp です。
感謝メールのひとつも送ってあげてください。
もしかしたら心無い批判も行ってるかもしれませんから。

Posted by J at 2006年11月20日 00:54
こんなすばらしい子どもたちがそだっているなんて感激!!そして育ててくれた先生達に感謝!!名前や顔も出して取材に応じた先生方に処分などがかからないように、応援しなければ!!そしてこんな当たり前の報道をしてくれたメディアに拍手!!でもこんな当たり前が本土ではまったく失われている最悪!!絶対に参院で廃案にしなければ!命かけて!
Posted by 戦争あかん!行動するおばあちゃん at 2006年11月20日 12:47
 今年の3月まで中学校の教員でした。在職中何度か教育基本法を読みその度高い理念に涙がでました。実際に学校で行われていることとあまりにかけ離れているからです。卒業式などで日の丸君が代が押し付けられてきたとき教育現場に処分をちらつかせた強引な上位下達システムが入ってきたことに怖いものを感じたが「押し付け」を抗議してる教員が平気で子どもにはわけのわからない校則を押し付け点数の脅しでうごかそうとする。どこに個人の尊厳があるんだ。今 必要なのは教育基本法の改正ではなく、真に生かすこと、そのために発効もしている子どもの権利条約の精神を汲んだ施策をすることだ。
Posted by 和子 at 2006年11月20日 14:59
子どもが通っていた都内の私立小学校の6年生は毎年沖縄学習旅行を行っています。
今年はその10周年記念(きょうだい校は20周年!)ということで、
10月下旬に沖縄で記念シンポジウムがあり、卒業生の親として特別ツアーに参加してきました。

シンポジウムの最後に20周年を迎えた学校の6年生が、
感想の中で、総合学習「沖縄」で学んだことを通じ、
憲法九条と教育基本法の「改正」に反対すると、はっきりとした口調で発表しました。
この言葉を聞いたとき、思わず涙があふれ出ました。

沖縄の元女子学徒隊の皆さんがずらりと並んだ壇上で、発せられた言葉にどれほど会場にいた大人たちが感動したことか・・・。

当時の教育が、あのような戦争へと国民を導き、多くの学友の命が奪われたことへの悔しさを
繰り返し話していた証言者の「悔しい」という言葉が頭から離れません。

発言の自由を奪われることは、そういった道をまた歩むことに繋がっているような気がして、
とても怖いです。だからこそ、恐れてはいけないとも思っています。
Posted by JUNJUN at 2006年11月20日 21:30
北星女子中3生のニュースをこのブログで初めて知りました。学んだことを即行動に移す子どもたち。感動しました。それに対して,匿名のいやがらせ。恥を知ってほしいものです。
Posted by mumin at 2006年11月22日 23:32
 女子中学生は立派です。脱帽します。荒れている若者が多い中では、尊い事です。
 私学の自由な空気、自由化、権限委譲され自治権確立された条件で、出来た事です。
 これらの運動を拡大するには、硬直化した公立学校対策に、学校自由化、権限委譲による自治権確立が必要です。
Posted by 白石 真人 at 2006年11月23日 21:21
この記事へのトラックバック

我々は子供に何をか語ったのでしょうか。
Excerpt: 我々は子供に何をか語ったのでしょうか。 教育基本法、いじめ、自死、隠蔽・履修漏れ。大の大人が大言壮語し、スピーカを鳴らし、頭を下げ、首を括り、或いは問答無用。逃げるお前が悪い。 誰が子供に向かっ..
Weblog: イエス様に従いて_讃美と九条実現
Tracked: 2006-11-21 07:36

子どもの意見表明権
Excerpt: 子どもが社会で大人と同じように意見を表明することは、子どもの権利条約に明示された権利で、世界的に見て子どもの存在もそのように変わってきています。 そして、日本はユネスコから教育について改善するように勧..
Weblog: ☆よっぴーBlog☆
Tracked: 2006-11-22 00:47

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。