blog_top.gif

2006年11月26日

札幌の集会に1万人!!

あさこ@あんころチームです。

25日、北海道・札幌でおこなわれた「教育基本法改悪法案を廃案にしよう! 全道1万人集会」に、ほんっとに1万人ぴかぴか(新しい)が集まったそうですexclamation×2


sapporo01.JPGsapporo02.JPGsapporo03.JPG

すご〜い。めちゃめちゃ盛り上がっていますねグッド(上向き矢印)
北海道は、数日前に函館で2千人集会を大成功させたばかり。
この勢いで、絶対に廃案にしたいですねパンチ
主催者からの報告はこちら↓

 11月25日、札幌市大通西8丁目広場にあふれんばかりの参加者が集まり、「教育基本法の改悪をとめよう!北海道連絡会」主催の「教育基本法改悪案を廃案にしよう!11・25全道1万人集会」が開催されました。

11時、集会は「平和を希う音楽会」を主催する新芸能集団乱拍子による和太鼓演奏で力強く始まりました。また歌手の稲村一志さんも応援出演し、「子どもたちの心に土足で入り込む教育基本法の改悪は許さない」という歌詞が入った自作の曲を披露し、「憲法・教育基本法改悪阻止のためなら、全道どこにでも駆けつける」と熱く語りました。

11時30分、進行係の「教育基本法の改悪阻止・廃案で一致した幅広い運動を創るため、実行委員会形式で集会を開催している」との趣旨説明のあと、参加者代表挨拶として、市民・市民団体の4名が壇上に立ちました。その中の一人、現在教育学部に在籍し将来教職員をめざしている学生は、「改正法案は教育の機会均等を削除し、子どもの頃から「勝ち組み」「負け組み」に振り分けられ、学校がさらに窮屈なところになる。教育基本法は「改正」させない」と話しました。

連帯の挨拶を行った小樽から参加した保護者は、「嘘と偽りの法案を数の暴力で成立させる政府の姿勢は、力のないものは泣き寝入りしなさいという論理だ。これを子どもにどう教えるのか?政府がいじめを止めなさいと訴えても響くはずがない。国に教育をのっとられてはいけない。可能性がゼロに成らない限り、たたかい続ける」と力強く決意を表明しました。最後に、「子どもたち一人ひとりを尊重し教育の自由を守るため、政府法案を廃案にする」というアピールを満場一致で採択し、集会を終えました。

その後12時より、大通り公園からススキのまでの南コースと北海道庁までの北コースに分かれて、13台の街宣車をそれぞれ先頭にデモ行進を行いました。2コースに分かれても、1万人を超える長蛇の列は、教育基本法「改正」が如何に問題があり、多くの者が反対しているのかを強く市民に訴えるものとなりました。参加者は、街宣車のシュプレヒコールに合わせ、声の出せる限りの大声で「教育基本法改悪反対」をアピールしました。
posted by あさこ at 09:56 | Comment(4) | TrackBack(1) | 全国各地から
この記事へのコメント
札幌で開催された集会に1万人が参加。心強い限りです。
私は、いろいろと用事があって教育基本法改悪反対のイベントに参加できないのが残念ですが、心より集会等のイベントを応援しています。
守りましょう教育基本法! 許すな改悪!
守りましょう民主主義教育! 
許すな国家主義教育!
Posted by 教育基本法改悪に反対する一市民 at 2006年11月26日 18:12
15.16.17日と国会前でお会いした北海道のひげおやじです。札幌にも行ってきました。東京よりは近いけれどここからは450キロあります。行くのはやっぱり大変です。でも東京のヒューマンチェーンよりも人が集りました。この勢いをもっともっと広げたいですね。次回の国会前には10万人集りましょう!そして、廃案へ・・・・・がんばりましょう!!!
Posted by katamusari at 2006年11月27日 08:51
 北海道の盛り上がりはすごい。寒さを吹き飛ばす熱気を感じます。
 青森でも地道に活動していますが、なかなか取り組みが教職員全体に広がらないと悩みながら続けています。市民レベルでの広がりは進んでいると思います。八戸市で、土日に連続で教育基本法の学習会(九条の会、ゆきとどいた教育を考える三八の会)がありましたが、両方とも満員でした。
 水曜日から、天気予報は雪だるまが並んでいますが、ひるまずにがんばりたいと思います。
Posted by マリオ at 2006年11月27日 10:31
11/26は「反戦と抵抗のフェスタ」集会に参加し、原宿/渋谷の街を縦断往復デモ。原宿表参道街頭では「学校教育にファシズムを入れるな!教育基本法改定、反対!」を連呼。
ときに25日札幌「1947教育基本法」防衛集会に1万人が結集という通信に驚き!また東京でも2万人規模の結集が成立していることを知り、それらを報道しない新聞紙面にあきれる。
27日J-waveの「ジャム」50メネッツ特集「教育基本法改定」で翻訳家の池田女史の話を聴き、意をあらたにした。「あんころ」HPをひらいたのは池田女史による告知が契機。
岩波「世界」12月号の記事から知っていたこともあり、28日はじめて国会議員会館まえ行動に合流。そんなこんなで、あらたな空気感をとらえ、29日夜に執筆作業敢行。で、できたものが、
「〜1947年制定「教育基本法」はなおその使命を終えていない。子どもたちの人としての諸権利は、自由と正義と平和への愛によって護られるものである。〜政府安倍内閣の蛮行を、われら主権者人民は憲法の命令によって阻止しなければならない!」
という緊急アピール文書。
これを2001年から開設活動しているサイト「反戦ネットワーク」に掲載したのでお知らせします。
これをまづはなにより、北海道の北星学園の10代の学生諸君へのあいさつと励ましとしたい。また、これは国内各地の学校で活動する教員諸君諸氏への贈りものでもある。この12月をすばらしいものにするために諸力を発揮し、結集しようではありませんか!
Posted by 「反戦ネットワーク」賛同/James Hopkins at 2006年12月02日 02:30
この記事へのトラックバック

はちのへ九条の会で教育基本法を学習
Excerpt:  11月25日のはちのへ九条の会講演会は、50人の参加で盛況でした。 講師の渡部
Weblog: 明日への風
Tracked: 2006-11-27 10:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。