blog_top.gif

2006年11月29日

大内裕和さんからの<緊急の呼びかけ>

 あんころチームのいしだです。大内裕和さんから緊急の呼びかけを送っていただきました。
<緊急の呼びかけ>
教育基本法の改悪をとめよう!12・5国会前集会に1万人の結集を!

2006/11/29
大内裕和

 11月16日(木)の衆議院本会議において、野党が欠席するなか、与党(自民党・公明党)は教育基本法「改正」法案の単独採決を強行し、11月22日(水)から参議院特別委員会での審議が始まりました。11月24日(金)の参議院特別委員会において、伊吹文部科学大臣は教育行政に関して「教育は、法律の定めるところにより行うべきもの」と規定した政府の教育基本法「改正」法案について、「国会で決めた法律は、国民の意思だ。これと違うことを特定のイズム(思想)や特定の思想的背景を持ってやることを禁止しているのがこの条項だ」と述べました。議会で多数派を形成する特定の政治勢力が教育内容を支配し、それに逆らうことを禁じるという教育基本法改悪の狙いがはっきりと示されました。また巨額の税金を使った「やらせ」タウンミーティングの実態が明らかになりつつあります。政府の教育基本法「改正」法案提出の前提であった主権者の合意形成はなされておらず、法案提出の根拠そのものが崩壊しています。それにも関わらず参議院での審議が進められ、臨時国会での成立が狙われています。
 こんな暴挙が許されていいのでしょうか。「教育の憲法」である教育基本法が、与党の「多数の力」によって根本から改悪されようとしています。今こそ、教育基本法改悪反対をあらためて強く訴える必要があります。
 「教育基本法の改悪をとめよう!全国連絡会」(http://www.kyokiren.net/)は、参議院審議のヤマ場である12月3日(日)から10日(日)まで、「子どもたちは見ている!! 全国ツツウラウラ同時行動」を呼びかけました。この期間の12月5日(火)に「教育基本法の改悪をとめよう!12・5国会前集会」(18時から19時、場所:衆議院第二議員会館前)を行います。9月26日(火)の臨時国会初日から毎週火曜日に行われてきた国会前集会は、この秋の教育基本法改悪反対運動において大きな役割を果たしてきました。全国から毎回約300人〜500人が集まり、改悪反対の声を直接国会に届けてきたのです。12・5集会は10回目の国会前集会であり、参議院での法案成立を阻止できるかどうかの重要な時期に行われます。私は全国の皆さんに「教育基本法の改悪をとめよう!12・5国会前集会に1万人の結集を!」呼びかけます。
 全国連絡会主催の「教育基本法の改悪をとめよう!11・12全国集会」には8000名の人々が集まり、11月24日の福岡での集会には7000人、11月25日の北海道での集会には1万人を超える参加者があるなど、改悪反対運動はこれまでで最大の盛り上がりを示しています。これら全国の力を国会へ直接届けることが、今ほど求められている時はありません。
 「教育基本法の改悪をとめよう!全国連絡会」は、教育基本法改悪反対の一点でつながっている市民のネットワークです。呼びかけ人の小森陽一さん、高橋哲哉さん、三宅晶子さん、そして私の4人はこの約3年半、教育基本法改悪阻止を訴えて全国をまわってきました。教育基本法の改悪に並々ならぬ思いで反対されている人々が、全国各地にいらっしゃることを私はよく知っています。この3年半の闘い、さらに戦後、教育の自由と平等のために闘ってきた多くの人々の思いを無駄にしないためにも、ここで改悪阻止のために立ち上がることがどうしても必要です。
 教育基本法の改悪に反対するすべての労働者・市民の皆さん!「教育基本法の改悪をとめよう!12・5国会前集会」への参加をぜひともよろしくお願いします。
posted by あんころ at 23:16 | Comment(6) | TrackBack(2) | 告知
この記事へのコメント
12/8に与党が教育基本法改悪案の採決を提案していることに危機感を持っています。
またこちらのブログでマスコミが絶対に報道しない改悪案反対運動を毎日されている多くの皆さんに頭が下がる思いであると共に勇気をもらっています。
私も1才の子供がいるため積極的に運動に参加という訳にはいきませんがインタ-ネットでだけでも自分に出来る改悪反対運動を諦めずにしていきます。
最近思っていることなのですが、国内で反対運動が広がっていることはとても頼もしいことなのですがマスコミはその様子はおろか改悪案の内容すらも報道しないのでこの法案が成立するとどんなことになるかわからない国民が大多数います。
まぁ政府はそれを狙っている訳ですがそれと同時に国民を完全になめているのでいくら国内で反対運動が盛んであってもマスコミはもう押さえてあるし強行採決で成立させてしまえば他の法案と併せて国民を黙らせることはいくらでも出来ると思っているように感じます。
そこで今からでももし間に合うのならば国内での運動だけではなくこの運動を他国の平和団体とも連携して国外へと大規模に広げられないでしょうか?
以前のアメリカによるイラク侵略反対運動ほどの大規模な運動まではと無理かもしれませんがフィンランドは日本の教育基本法を参考にしたほどですし、日本国憲法と併せて教育基本法の改悪に不安を持っている諸外国の人達も多いかもしれません。
具体的にはYouTubeを利用してインタ-ネットで日本政府の私利私欲により教育基本法が改悪されそうな現状を世界中に流す、日本の外国人記者クラブで記者会見を開き日本政府が行っていることを記事にしてもらう、アムネスティなどの世界各国に支部のある団体に協力をしてもらって日本政府に対し教育基本法改悪反対などの意思を伝えてもらうなど世界に反対の声を広げてその声が無視しきれないほどの大きさになれば日本のマスコミもさすがに報道を始めて日本でも今まで無関心だった国民の間にも危機感が広がるのではないでしょうか?
今の所こんなあまり役に立たない案しか思いつかず私の希望的観測でしかないのですが。
国内だけではマスコミは全然動いてくれないので国外での声を大きくすることによって日本のマスコミを動かすことはできないか、何とか今のままでは大多数の国民に内容が知らされないまま改悪案成立という最悪の状況を変える突破口にならないかと思い無い頭を使って必死に考えてみました。
長々と失礼しました。
Posted by ナカミチ トモコ at 2006年11月30日 11:45
こんにちは、みなさん。「あんころブログ」を見て、私にも一言言わせて下さい。私は東京代々木で行われた、11、12全国集会に参加して、多くの人が日本の行く末を案じて、一同に会しているのに非常に感動しました。大切なのは自分1人ではないということ、また連係が必要だということを改めて感じました。私も含めて多くの人(良心的な一般市民)が、どうにかしなくては、何かしなくては、このままではいけない、日本を戦争のできる国にしてはいけない、他国の人々を(兵士を含めて)日本人が(たとえ自衛隊員−憲法改正後は正規の自衛軍人としてであっても)、殺してはいけない。今日、イラクの市民を何万人も殺傷しているアメリカの二の舞いになってはいけない。そんな思いを抱いている人々が多くいると思います。教育基本法改正、自衛隊法改正の後、国民投票法の改正、そしていよいよ「憲法改正」のシナリオの行き着く先は明らかです。
 しかし、どうにかしたいと思っていても、どう行動していいのか分からない、あるいはどのように社会運動に参加できるのか分からない、という人も多いのではないでしょうか。ブログにもあったように、アメリカで起こったような市民運動を日本も展開できるようにならないものかといつも思っています。党派性を越えた、良心的な人々による市民運動、市民の連帯をつくり、政治に関心の薄い人々や、若い世代を目覚めさせることができたら、大きな力となって、今日本をわがもの顔で、間違った、危険な方向に導こうとしている一大政治勢力を牽制できるのではないかと思いますし、またそうしなければならないと心から思います。自分たちだけでなく、子どもや孫の世代のためにも、私たちが「正しい」ことをするのが、義務であり責任であると思います。
 全国の良心的な市民の皆さん、1人ではないのです、今こそ連係して市民運動を盛り上げましょう。良心的市民による、市民ネットワークに参加しましょう。
Posted by 平林  寿一  at 2006年12月02日 12:49
呼びかけに応じて,名古屋から参加します
時代の大きな分かれ道,会社なんか休んで当然
平日に1万人集まれば,相当インパクトありますね
Posted by 毛利 邦久 at 2006年12月02日 19:06
私も愛知県から東京に出張できていますが、滞在を延長して5日に結集します。
Posted by 津田秀一 at 2006年12月03日 09:52
はじめまして。
6日の集会に参加するつもりでしたが、5日もあるのなら、ぜひ参加させて頂きます。
抗議行動や集会に参加したり、ブログで憤りや危機感を表明する皆さんとは反対に、まったく興味がなく、話題にものぼらない世間との温度差を感じていますが・・・。
でも、私も意思表示をしたいと思います。
Posted by hana at 2006年12月03日 21:12
“あなたは戦争がしたいですか?”

我々、国民の答えはひとつ“NO”です。

ならば、私たちはできるうちに、できることをしましょう。

「我ら、国民への背信行為を決して許さず」
Posted by 忌部 崇 at 2006年12月04日 19:18
この記事へのトラックバック

12月5日1万人集会の呼びかけ
Excerpt: あんころブログより <緊急の呼びかけ> 教育基本法の改悪をとめよう!12・5国会前集会に1万人の結集を! 2006/11/29 大内裕和 (略)「教育基本法の改悪をとめよう!全国連..
Weblog: 反戦な家づくり
Tracked: 2006-12-02 03:40

伊吹文明文部科学大臣への抗議文(@京都)
Excerpt: 情報提供:心の教育はいらない!市民会議&  教育基本法の改悪をとめよう!連続行動参加者一同 関連情報参照サイト:  教育基本法の改悪をとめよう!全国連絡会 http://kyokiren.net..
Weblog: 【PeaceMedia】 市民運動 News
Tracked: 2006-12-05 03:47

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。