blog_top.gif

2006年12月07日

7日の国会前

s-PICT2679.jpg あんころチームのいしだです。今日も、朝9時から夕方5時まであんころすわりこみをやりました。
 今日の時点では、与党は、明日の特別委員会で採決を行いたいと提案してきているとのことです。野党は、これには当然反対で、そう簡単には採決できない状況ではありますが、予断を許しません。ただ、わたしたちの運動が政府・与党を追い込み、マスコミが言っていた「今週中の成立」はほぼなくなったようです。
 明日も、9時から座りこみで、委員会での採決をとめるために頑張っていきたいと思います。
(今週中の採決はくいとめたようです。追記参照。)

<追記>
 共同通信と毎日新聞のWeb上での報道によると、11日に参考人質疑、12日に中央公聴会を行うことに決まったとのことです。
教基法案は15日成立見通し 与党が野党に譲歩(共同通信)
教育基本法:改正案の採決、14日にも(毎日新聞)
教育基本法「改正」情報センターには詳しい日程が出ています。

 わたしたちの運動で、ついにここまで追い込むことができました。本当にあと一歩で、今国会での成立をとめることができます! 気を抜かずに、最後まで頑張りましょう!

今日の国会前の報告の続きはこちら→

s-PICT2738.jpgs-PICT2704.jpgs-PICT2712.jpg
 あんころすわりこみには、今日もはじめての参加者が来ました。
 座りこみに来たきっかけを聞くと、大学の先生からあんころを教えてもらったり、地元でチラシをもらったりとさまざま。いろんなところに広がっているのがわかります。
 それと、今日は大学の教職員組合の全国的な取り組みもありました。
 リレーハンストももちろん継続中。それだけではなく、どんどん座りこみの数は増えています。
s-PICT2731.jpgs-PICT2734.jpgs-PICT2740.jpg
 左の2枚は、教育基本法の改悪を許さない各界連絡会の座りこみとミニ集会。右は、都内の四つの教職員組合の座りこみです。

s-PICT2746.jpgs-PICT2748.jpgs-PICT2750.jpg
s-PICT2752.jpgs-PICT2763.jpgs-PICT2780.jpg
 そして、今日は北海道から350名以上が座りこみに来ていましたexclamation国会前で人気沸騰中の「教育基本法改悪させんべい」や「教育基本法守らなくっ茶」の行商もやっていました。
 北海道だけではなく、千葉、大分、石川といった各地の旗が見えます。

s-PICT2754.jpgs-PICT2771.jpgs-PICT2789.jpg
 座りこみの列は、議員会館前をすぎて、さらに駅の前でびっしりでした。今日も1000人近くいたんじゃないかな〜。
 あと、途中、横浜市立大学の教員の山根さんが特別委員会の傍聴を終えて立ち寄ってくれたんですが、その時の話では、委員からの「この法案には予備校も入るのか?」という質問に対して、「予備校も入る」とのコメントもあったとのこと。ほんとに教育と名の付くものすべてが国家の管理下に入るんですね。具体的に考えると、それは本当に恐ろしいものだと感じました。
 僕たちは、午後5時までですわりこみを切り上げたんですが、そのあとには、社民党主催の集会と教育基本法の改悪を許さない各界連絡会主催の集会が続きました。そちらに行った方がいたら、コメントで様子を教えてくれるとうれしいです。

s-PICT2717.jpg また、今日は、教育基本法改悪反対の座りこみのほかに、在日朝鮮人への弾圧に抗議する座りこみがありました。配られているチラシによれば、おばあさんが持病の治療のために持っていった薬が薬事法違反に問われた上に、直接関係ない朝鮮総連の施設に警察が立ち入ってきているとのことです。本当に差別的でひどい弾圧です。
 また午後には中国残留孤児の方々の請願デモがありました。
<参考>
中国孤児が国会へデモ行進 控訴断念と全面解決訴え(共同通信)
残留孤児訴訟原告団ら、国の控訴断念など求めデモ(読売新聞)
クローズアップ2006:中国残留孤児訴訟判決 国の支援「貧弱」(毎日新聞)
 中国残留孤児というのは、日本が敗戦した際に、日本軍に置き去りにされたこどもたちです。彼らは、日本の侵略戦争の被害を受けた人々であるにもかかわらず、日本政府は、その人たちが日本で暮らしていけるための保障や賠償を、未だにしていません。
 政府・与党の言う「愛国心」の中身が、この2つの事例に端的に表れているように思えてなりません。自民党・公明党の政治家たちは、自分たちだけがかわいいのではないでしょうか。
 いろいろなことを考えさせられる国会前でした。
posted by あんころ at 21:43 | Comment(3) | TrackBack(3) | 国会前から
この記事へのコメント
このプログを読んでいると教育基本法改悪に反対するさまざまな運動が行われていることがわかりますが、マスコミはこれらの反対運動をほとんど伝えていないように思います。また伝えたとしてもほんの小さくかたすみで報道する位で。以前はこんなことはなかったように思うのですが。
マスコミの最近の報道姿勢を見ていると、政府の宣伝機関化しているのではないかと懸念されます。報道姿勢も右傾化していますね、かっては懸念していた日米安保条約だっていつの間にか、日本の安全は日米安保体制を基礎に成り立っていると、いつの間にか安保支持に変わってしまいました。戦前の満州は日本の生命線だと同じ論理のように思えるのですが。自衛隊についてもいつの間にか合憲の立場に変わってしまい、自衛隊は世界有数の戦力を持つまでになってしまいました。
商業マスコミの限界はあるかもしれませんが戦前、日露戦争の時は、いつの間にか非戦論を引っ込め開戦論一色になってしまった。第二次世界大戦時は、大本営発表をそのまま伝えるだけの軍部の御用機関になってしまった、いつか来た道の過ちを繰り返さないことを願わずにはいられません。
Posted by 教育基本法改悪に反対する一市民 at 2006年12月07日 22:52
 久しぶりの投稿です。
 大手マスコミの論調ですと8日にも採決となる予定でした教育基本法改正法案、どうやらその事態は避けられたようですね。正直、今朝(8日)このブログを見るまでは不安だらけでして、もしかすると、65年目の太平洋戦争開戦日に日本もついに軍国主義化の道を…などという暗い気持ちでいました。とりあえず、ほっとしました。 とはいえ、まだ道半ばです。会期末の15日まで1週間ありますし、それまでに与党が強行採決する可能性は十分あります。また、強行採決はないにしても、与党側から1週間程度の会期延長を望む声があり、下手するとこれが実現する可能性があります。8日の採決がなくなったからといって、全く油断は出来ません。むしろ、今まで以上に反対の声を大にしていかねばなりませんね。
 さて、国会前集会や座り込みへの参加、かくいう私もしたくてたまらない気持ちはあります。しかし、何分12月ということで職場が忙しく(昨年、何かと小泉政権の目の敵にされた某公社の非常勤職員です。この時期は、一年で最も忙しいです)、さらに人員不足も手伝って、年休が取得できない状態です。しかも、東北の某県に住んでおりますので、そう易々と東京まで行くこともできません。ですので、そうしたイベントには全く参加できません。しかし、メールやファックスでの要請活動ならば、いつでもできます。諦めずに、最後まで要請を続けていこうと思っています。
 ではまた。
Posted by beautyport at 2006年12月08日 07:46
大手マスコミでもかなり強気の『教基法改悪反対社説』を掲載した所を見ると「勝てる闘い」と踏んだみたいですね。「絶対絶命」だった三年前から、粘り強く歩みを進めて来た私たちが廃案を勝ち取るのも間もなくの事かと思うと、胸に迫るものがあります。
石田君、前に言っていた「廃案にしてクリスマスに祝勝パレード」、そろそろ準備が必要では?
Posted by yukiji at 2006年12月14日 10:13
この記事へのトラックバック

参議院教育基本法神戸公聴会
Excerpt: 今日、急遽決まった教育基本法の公聴会の傍聴に行ってきました。昨日から冷え込んだ元
Weblog: ばんことジャンプ
Tracked: 2006-12-08 00:27

市民の声を聞け??教育基本法改定問題
Excerpt:  12月4日に,教育基本法改正案についての地方公聴会が全国4会場で行われました。  そのうち,神戸でもホテルオークラで行われました。  公聴会とは,国民の意見を国会の法案審議に反映させる目的でおこなわ..
Weblog: 弁護士村上英樹のブログ
Tracked: 2006-12-08 00:34

「教育基本法案」の廃案を求めます
Excerpt: 政府・与党提出の「教育基本法案」に反対する要請文を参議院教育基本法に関する特別委員会の委員長宛にメールで送りました。同様の要請文を首相官邸にも送りました。 ---------------------..
Weblog: mituruのはてな日記
Tracked: 2006-12-08 01:52

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。