blog_top.gif

2006年12月14日

16時45分から審議再開に。国会前集会で与党をさらに追い込もう!

061214_1508~0001.jpg特別委員会は再開されないままです。

結局、16時45分から75分間の質疑が行われることになりました。与党はその後、再び採決を狙っているようです。そこまでしてまともな審議をしたくないんだとあきれてしまいます。
議員会館前は人人人でびっしり埋まっています。18時からは国会前集会です。成功させて、与党をさらに追い込みましょう!

いしだ
posted by あんころ at 15:09 | Comment(4) | TrackBack(1) | 国会前から
この記事へのコメント
私は、今暖かい部屋にいることが申し訳ないです。泣きそうになりながら、委員へのFAXを送っています。

議員会館前にお集まりの皆さま、ご苦労様です。感謝の気持ちで一杯です。




Posted by Rei. at 2006年12月14日 15:44
【緊急】伊吹大臣が重大発言!?
昨日の参院教基法特委の福島みずほ議員の質問に対し、伊吹大臣は次のように発言しています。

福島議員
『政府案は現在の日本国憲法に違反するのではないか?』
伊吹大臣
『(政府案が)日本国憲法と全て整合性を取っているとは一言も申し上げていない。』

これは、私の理解が間違っていなければ、政府案は憲法違反であるとなかば認めてしまったのではないでしょうか?

この事を福島みずほ議員事務所に直接お電話しているのですが、話中が続いており繋がりません。
どなたか可能な方、お伝え願えないでしょうか。
Posted by 新井拓洋 at 2006年12月14日 16:25
特別委員会の英文リストを作りました.
http://www.geocities.jp/chikushijiro2002/specialcom.html
Posted by 豊島耕一 at 2006年12月14日 17:06
参議院のインターネット審議中継で、13日の討議を見てみました。

確かに、伊吹大臣は、
「日本国憲法とすべて整合性をとっているなんて一度も答弁していない」と言っています。

しかし、続けて、

私が言ったのは、当然のこととして現在の日本国憲法の精神にのっとってこの法案を提出しているが、念のために自民党新憲法草案と、例えば、教育を受ける権利などの適合性をとっていると言ったのであって、すべての条項を自民党の憲法草案と整合性をとって出しているとは一度も言っていない。

と答弁しています。
全体の文意、及び最後に「日本国・・・」と言いかけて「自民党の憲法草案と整合性をとって出しているとは一度も言っていない。」と言いなおしているところから勘案すると、「自民党新憲法草案」と言おうとして言い間違えたものかと思われます。

いずれにせよ、福島議員の

日本国憲法と自民党新憲法草案は考え方が180度違う。教育基本法改定案は、自民党新憲法草案に適合しているということは、結果的に日本国憲法に違反しているということ。憲法違反の法律を成立させるわけにはいかない。

に同感!
Posted by あつこ at 2006年12月15日 01:33
この記事へのトラックバック

海外の同僚・友人にSOS
Excerpt: 下手な英語ですが,外国向けにSOSを打っています.添削,修正,編集してご利用していただければ有り難いです.ウェブサイトにも転載しました. Urgent: Fundamental Law of E..
Weblog: ペガサス・ブログ版
Tracked: 2006-12-14 16:10
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。