blog_top.gif

2006年12月15日

強行採決を許さない!

今、参議院本会議で131対99で強行採決されました!

絶対に許せません!!
国会前は抗議の声があふれています。
18時から国会前集会は抗議集会です。

いしだ
posted by あんころ at 17:59 | Comment(15) | TrackBack(5) | 国会前から
この記事へのコメント
さあ 参議院選挙と 衆議院選挙で

自民党を ぶっ潰し


その上で 教育基本法を 再改正しよう!

少なくとも 今回の改正法は ぶっ潰そう!


まだまだ 世界が 終わったわけじゃあない!

これからが 本当の勝負だ!

選挙に勝たずして 何にも勝てない!


さあ 凶悪 独裁 自民党を ぶっ潰そう!
Posted by 新党を欲する人 at 2006年12月15日 18:56
【絶望している暇は無い】
今日までの行動で得た成果、そして何が足りなかったのかを冷静に考えてみます。

私たちの味方になってくれる国会議員が圧倒的に少ないのは、動かしがたい事実です。
まずは、来年の参議院選挙で、私たちの味方をどうしたら増やせるかを早急に考えて行動する必要があると考えます。
それ程多くの時間がある訳ではありません。

勿論、1月に始まる通常国会も、与党を追い詰める機会です。

漢字『一文字』と『二文字』が区別できない人が総理大臣だなんて世界の恥です!
Posted by 新井拓洋 at 2006年12月15日 20:43
私たち母親のグループは、これからも、教育基本法がどのようなものであったかを勉強し、広く伝え、どうしてこの平和憲法の理念にのっとった法律を強行に変えなければならなかったのかをみんなで考えていきます。
そして、これからの子どもたちの、私たちの暮らしを、誰かの圧力に屈することなく、自分たちで築いていく努力をしていくつもりです。
この経験を次のことに生かし、今度こそ周到に行動することが私たちに今できることです。
Posted by 「学ぶことは心に翼をもつこと。」プロジェクト at 2006年12月15日 21:41
そうだね。
次の選挙が勝負だねっ!

しかし、今朝のニュースも松坂の方が先だもんね…(苦笑)
そりゃあ、俺もうれしいけどでもね…

盛岡から、あきらめない声をここにっ!
Posted by RE2O at 2006年12月15日 21:56
今回のことで思ったのは、なにがどうよくないと考えてるのか、その人の立場でその人の言葉で、分かりやすい言葉で、穏やかに伝えつづけること。

からくりに気付いた人ではなく、無関心になってしまったひとびとに、関心をもってもらえるように。

私のまわりだけかもしれませんが、善良で表層だけをみてしまってる人が多い気がします。
そのように教育されてしまったのだと思います。

結党以来の悲願を諦めずにやってきた結果ですね。

私たちにはもっと多くの仲間が必要とわかったいまだからこそ、足をしっかり地につけて歩いて行きたい。

今回座り込みや行進デビューの新参者です。
Posted by はいぱあ at 2006年12月15日 22:05
自民党を破壊するすばらしい幕開けではないでしょうか。安倍極右権力を擁護する、たったひとつの理由もなくなりました。遠慮無く、自民党を粉砕しましょう。国会前に集合した連帯する人々よ、あきらめずにこれからも前進し続けましょう。
Posted by 怒りん坊 at 2006年12月15日 22:32
教育基本法改悪法案の強行採決に激しい憤りを感じております。絶対に許せません。
また、もう一つの悪法防衛省昇格法案も採決されました。ただただ閉口させられるばかりです。
今後、自衛隊の恒久法、集団自衛権の行使(自衛とは名ばかり集団侵略権です)、共謀罪、憲法改悪のための国民投票法案、憲法改悪へと進み、このままでは、日本は戦前の国家主義体制に回帰してしまいます。何とかしなければ。
ともかく改悪された教育基本法を元の教育基本法に戻すために頑張りましょう!
Posted by 教育基本法改悪に反対する一市民 at 2006年12月15日 22:54
いてもたってもいられず、仕事が終わってから
国会に駆けつけました。地下鉄の四ッ谷駅の手前で途中で
先に行っていた人から「可決されてしまった!」のメールが・・・。

地下鉄に乗っていた2歳ぐらいの小さい男の子と赤ちゃんを抱っこしていたお母さんに、
「これ読んでみてください。可決されちゃったみたいだけど、
子どもたちに関わることだから・・・」と
あんころのリーフレットを渡しました。

自分でもびっくり!
見知らぬ人にこんなことができてしまうなんて・・・。

全教の集会に参加したあと、あんころの首相官邸までの行列に加わり、
シュプレヒコールをあげて帰宅しました。

報道ステーションはトップニュースは事故の
ニュース、その次が松坂の大リーグ契約の
ニュース、その次が教育基本法可決と防衛省
昇格可決のニュースで、
その中身は国会中継をサクッと流すだけ。
「国民の怒りが・・・」とか古館さんは言ってたけど、国会前の私たちの行動なんか、
全然映像で流されなくて、こういうことを
やってたっていうことも言わないで、
「国民の怒り」ってどういうものなんだー!
とニュースの流し方に怒りを覚えました。

おまけに、好き勝手なことをやって、
家の中が散らかって何やってるんだ!と
留守を預かっている母に怒鳴られました・・・汗。それが今日のオチ・・・。

闘いは続きます。

Posted by JUNJUN at 2006年12月15日 23:16
忘年会の最中、教育基本法改悪法案可決を知りました。明日1時から抗議のビラ配布をしよう。忘年会が終わってからビラを印刷し、仲間に電話で呼びかけました。この怒りを、明日市民に訴えよう!大牟田の人来てください!
Posted by 大牟田養護学校教員  宮本 at 2006年12月16日 01:47
お疲れさまでした。でも、これからですね。相手は、民主主義が嫌いで雌伏数十年、虎視眈々とこの機会を狙ってきたのですから、今度は私たちが粘り強く取り戻しましょう。今後も、情報センターさん共々、情報提供をよろしくお願いいたします。
Posted by メロディ at 2006年12月16日 11:14
考えが悪い方向に行くたびに「これじゃ安倍の思うつぼだ」と気持ちを切り替えるようにしています。成立は許せないけれど、許すことなんてないのです。そもそも「違憲」といって過言でない法案なのですから。「成立」が過去のものとならないうちに、わたしの大学でこの暴挙について広めます。「改正教育基本法の廃案を求める大学生の会」を早速構想中です☆これからもどんどんアイディア出し合っていきましょうね!
Posted by みなこ at 2006年12月16日 19:28
本当にお疲れ様でした。三年以上もこの運動を引っ張ってこられ、そのなみなみならぬ奮闘に敬意を表します。結果は、負けだけれど、この負けから再出発しましょう!
このブログに励まされ、ここ半年、地元で頑張りました。良い出会いがありました。いろいろな発見もありました。ここでの賛同のカウントのコメントにも、状況への理解の深化がみられ、皆で成長してきた面があったように思います。この「場」は、大事なこの運動で生まれた宝、ではないでしょうか。この絆を大事に育てていきましょう。地に足をつけて。本当の市民社会を育てていく基礎体力を、今からつけていきましょう。みなさん、ありがとう。そしてこれからもよろしく。
Posted by コスモス at 2006年12月16日 21:22
みなさんのコメントを読んで、感動しました。
改正教育基本法を廃案に追い込もう!
そうそう。
今回のことで、諦めてはいけないんです。
だって、
子どもたちには輝く未来がある。
それを守り抜くのは、おとな。
そのひとりになりたい。
できることから、始めます!
Posted by ぱうぱう at 2006年12月17日 00:22
教育基本法が改悪されてから私の中で繰返し浮んでくる言葉。

 憲法第十二条「この憲法が国民に保障する自由および権利は、国民の不断の努力によって、これを保持しなければならい。」

 私は、私たちは、この「不断の努力」を怠ってきたのです、その当たり前だと思っていた自由や権利が手のひらからこぼれ落ちようとした時初めて気がついたのです。
失おうとしているものの大切さに。よくよく振り返ってみればその兆候は成立初期からあったわけなのに、危ないぞとの警鐘も何度か聞いているはずなのに、このサイトの全国連絡会も2年前に設立されていたそうなに、その頃はまったく無関心だったわけです。私がこれはまずいと思ったのは、わずか1ヶ月前、それでは遅すぎますよね。 そのことを率直に認め未来の子どもたち申しわけないことになってしまったと謝らなければなりません。
 そしてこれからです。
 何ができるのでしょう?
できることをしていきたいと思っています。周りにあまり仲間がいない人間にとって、この全国連絡会のサイトはとてもありがたいものでした。
 11月半ばからこのブログを見るのが日課になり、初めてでも、ひとりでも参加できますということばを頼りに、国会前に何回か出かけていきました。するとあんころのページをプリントアウトし手に握り締めて来ている人を見かけました。私と同じような人がいるんだと嬉しくなりました。自分の生活の場ではなかなか教育基本法のことを話せず情けなく思っていましたので、勇気をもらって帰りました。
 これからも情報の提供と普通の人が参加できる行動の提案を期待しています。
 連日本当にお疲れ様でした。
Posted by はるのうらら at 2006年12月18日 00:00
怒髪天を突く…を実体験してしまった12月15日でした。
「愛するわが子の心を国家に渡してなるものか!」と、日比谷公会堂以来地道に続けて来ました。
負けるかもしれない闘いでも、僅かの可能性に賭けて本気で闘わなければならない。そして、全人格を賭けて本気で闘う時、仲間との連帯を得、未来を切り開ける、と実感できたこの4年間でした。
私たちを引っ張って下さった呼びかけ人の皆さん始め、あんころの皆さんには本当に感謝しています。
これからは関連法案の改悪阻止を一つひとつ闘い取り、違憲立法である改悪教基法を空文化する日々の活動を通し、改憲を阻止、更に私たちの本当の教基法を取り戻すために、一歩一歩確実に歩んで行きます。それが私の、未来への責任の果たし方です。
これからも折角繋がる事ができた仲間の皆さんと一緒に楽しく闘い続けられたら良いな〜と、楽しみにしています。
平和と人権の獲得に向かって、共に歩みましょう!
(ハンストした8日に、大内さんと三宅さんにお花を頂きました。有難うございました。---掲載はカット頂いて結構ですが、是非お二人にお礼の伝言をお願いします!!お使い立てして申し訳ありません)
Posted by 雪路 at 2006年12月18日 15:13
この記事へのトラックバック

(叫び)こんなのおかしいぞー!!改悪なんて絶対反対!諦めずに頑張りましょう!!!!
Excerpt: 「改正」情報センターによると、現在 衆議院本会議終了。内閣不信任案否決。(16時08分) 16時30分から参議院本会議か? 議題:伊吹文部科学大臣問責決議案、教育基本法改正法案など(15時55分)..
Weblog: はにかみ草
Tracked: 2006-12-15 19:39

ヤラセ質問の世論誘導を是正しないまま、教育基本法の改悪を自民党・公明党は強行した
Excerpt:  12月15日午後6時前、教育基本法の改悪を自民党・公明党は強行しました。  教育の憲法である教育基本法の改定の強行が、悪質な世論誘導によって進められたことが明らかになり、反対の世論が日に日に強まっ..
Weblog: 業務日誌
Tracked: 2006-12-15 21:28

教育基本法改悪成立に、断固として抗議する。
Excerpt: 教育基本法改悪成立に、断固として抗議する。  同時に、民主党が、この問題に対して、いかに本気でなかったかをハッキリさせた出来事を紹介する。これを見れば、民主党が、いかに信頼できないか、最後の最後のとこ..
Weblog: 花のニッパチ、心のままに?
Tracked: 2006-12-15 22:11

教育基本法改悪法の成立にあたって
Excerpt: とうとう改悪法案が強行されました。朝日新聞の地元記者から、教育基本法改悪法の成立
Weblog: 明日への風
Tracked: 2006-12-16 09:01

静かなる夜明け
Excerpt: すごい。どこのブログも怒りに満ちている。しかも、誰も諦めていない。私は、今、日本の真の民主主義の夜明けに立ち会っているような気がする。静かなる夜明けだ。 確かに教育基本法は改悪されてしまった。しかし..
Weblog: あんち・アンチエイジング・メロディ
Tracked: 2006-12-16 11:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。